• その他

麻酔について

歯科の麻酔は、痛いというイメージが強いですね。

口腔内の歯茎は、骨に強く結合し、また、歯ぐきには、痛点(痛みのツボのような点)がたくさん分布しているために、痛みを強く感じやすい環境となっています。

麻酔の痛みは、① 針を刺すときの痛み と ② 麻酔液を注入するときの痛み の二つに分けられます。

 

①へは、表面麻酔の使用 や 刺入する部位、 極細注射針の使用 

②へは、麻酔液注入スピードのコントロール や 電動麻酔の使用

当院では、それぞれに配慮しながら麻酔を行っております。

 

また、必要な麻酔量の使用(痛みを感じる範囲をカバーする量) や 麻酔後、治療(歯の切削や抜歯など)開始まで、しっかり時間を待ち、治療途中でも痛みへも配慮しております。

 

当院では、出来るだけ痛みの少ない治療をお受けいただけるよう、配慮しております。

出来るだけ確認するようにしておりますが、麻酔をご希望の方は、お気軽にお申し出ください。